FC2ブログ
ヌード・グラビア画像ニュース集
長澤まさみに“ヌード待望論”? 伊勢谷はハリウッド進出を後押しか  | 最新の記事 |  NEWS加藤 2作目発売記念サイン会「脱ぐ作家です」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第85回アカデミー賞で主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスは、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11)で青いミュータント、ミスティークを演じるためにヌードで8時間ものボディペイントに耐えていたが、続編となる『X-Men: Days of Future Past』(2014年7月18日全米公開)では、ボディースーツを着用することがわかった。



前作でジェニファーは、直接、裸に施された青いペイントの塗料で皮膚にアレルギー反応(腫れ物、吹き出物、水泡)を起こしながら、長いときは8時間のボディペイントに耐えて同役に取り組んでおリ、時には医師を呼ぶ必要があるほどだったという。

しかし、Digitalspy.comによれば、「ボディースーツを着られることになったのよ。これで、時間と水泡から開放されるわ」とジェニファーは大喜びだという。

前回の反応がひどかったとはいえ、さすがにアカデミー女優にアレルギー反応を強要するわけにはいかず、早くもオスカー効果があったようだ。しかし、ファンにとっては生ボディがスーツで隠されてしまうのは、ちょっと残念な話だろう。

撮影は5月開始の予定だそうで、今から公開が待ち遠しい。【NY在住/JUNKO】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130305-00000007-mvwalk-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



リンク


Copyright © ヌード・グラビア画像ニュース集 All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。